忍者ブログ
(株)トミーウォーカー運営『シルバーレイン』に存在する神夜遥斗(b03993)等の日記。

WRITE | ADMIN

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
神夜
性別:
非公開
職業:
能力者
自己紹介:
神夜・遥斗(血濡れ鬼の刻印・b03993)
男 19歳 A型
黒燐×真従属
卒業生 鷹崎キャンパス
7月26日生まれの獅子座
********************* 
神夜・彩希(緋葬曲・b40072)
女 19歳 A型
花嫁×ケルベロスオメガ
卒業生 綿津羽キャンパス
7月23日生まれの獅子座
*********************
神夜・頼斗(冥狗ジャッカル・b36982)
男 18歳 A型
土蜘蛛×真白燐
高校2年1組 辺見ヶ原キャンパス
4月17日生まれのおひつじ座
アクセス解析
バーコード


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



返す言葉は、【ありがとう】





「おめでとう。」
「え?」
突如言われた言葉に振り返って、怪訝な顔をしたのは彩希だった。
「いきなり如何したの?」
流石に不思議だったのか、そう聞き返して。
「いや、彩におめでとうって言ってなかったなーと思って。」
何事も無かったかのように淡々と話す遥斗に彩希は一つ溜息を。
「遥って本当にマイペースね。そしてね、今日は遥の誕生日でしょ?」

………。

「あ。」
気づいたのか遥斗からは気の抜けた一言が。
「そいや誕生日か。」
そうだったと思い出して、ふと思い過ぎったのは姉の事。
「姉貴も生きてたら誕生日だったんだよ、な…今日。」
「うん、やっぱり実感沸かないや。」
少しだけしんみりしてそれでも笑って。空を見れば変わらず青く優しい。
「生きてるってこんなに嬉しいんだな。」
姉の死で改めて思ったのはとても皮肉。けれど、思えた事にはとても感じる新鮮さ。

「そういえば頼からメール来てない?私の誕生日の時はウザいくらいのデコメメールきたんだけど。」
「……、メール?」

見てみてメールは数件。
1件目。自分の最愛の人から。顔は緩んでつい、微笑んでしまう。
どんどんと見て行って最後の1件。
………。

「見なかった事にしていいか?」
そんな一言に、
「良いとは思うけど、もう本人後ろに居るよ?」
「え?」

振り返った瞬間。
「兄~っちゃ………ごふっ!?
抱きつこうとして返り討ち。
「五月蠅い。」
一件目のメールでいい気分に浸ってた。
それだけに台無しにされた気分の足すと対応は自然と冷たく…むしろ、いつも。

「何しに来た?」
「だって兄ちゃんがいつまでたっても返事くれないから、待ちきれなくってさッ!」

メールの時間を見れば届いてまだ一時間弱。
「お前な…」
呆れつつ弟の顔を見ればいつものように笑顔。
「へへっだってちゃんと言いたかったんだって、兄ちゃんにも姉ちゃんにもおめでとうってッ!」
「……姉貴は。」
もう誕生日なんて迎えられないと、そんな残酷な現実を口にしようとすれば、
「何だよー、誕生日は変わらないしッ。姉ちゃんだけ仲間はずれなんて可哀想じゃんッ」
少しむすーっとして兄を見る弟。

「頼ってさ、馬鹿だけど何か響くよね。」
そんな横槍と、
「そうだな、変に考えた自分が馬鹿みたいだな。」
結論。
「……?」
そして気付かないお馬鹿。

 

「さてと、今日一日何しようかね。」
「遥は結社でしょー?愛しの彼女に会いに。」
呟いた遥斗に彩希が一言。
「んじゃ、そうしようかね。それじゃ行くわ。お前ら俺の部屋に長居すんなよ。」

言い残して部屋を出た。
「……あそこまでさらっと行かれるとムカつく。惚気かあのやろう。」
「いいじゃん兄ちゃん灯那の姉ちゃん好きなんだしッ」
「駄目とかじゃなくて動揺すらしないのがなんというか!むむむ」
「彩姉って難しいよなーッ。」
あんたが単純なんだとは思っても口にしなかった。

平気になんてならないけど、忘れる事も無いのだけどそれでもその存在は此処にあって。
だから言う【おめでとう】と。
見えないだけできっと居ると信じてるから。

PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Crimson Phantom ] All Rights Reserved.
http://nightshadow.blog.shinobi.jp/